忍者ブログ

さんま備忘録

you大

軍縮期の改四五式軍衣袴外套と、それ以前の四五式との関係について(その2、生地質について)



「大正の軍装」という新刊が近く発売されるということで、にわかに四五式時代の軍服への興味が戻ってきました。半年前から書こうとして放置し続けていた四五式の記事もこの際書き進めたいと思います。

メリノウールと支那羊毛、雑種羊毛などの素材について(衣袴・外套絨のみ)

 ひとえに四五式、改四五式と言ってもそのうちに何種類か生地質が異なった製品が存在しています。明治45年に制定された四五式の軍服類ですが、最初は四二式と同じような霜降りの入っていない単色系で毛が抜けやすく、あまり上質とはいえない生地だったのが、大正2年?(資料が残ってないので曖昧です。)あたりから御存知の通りの非常に質が良い生地に変わっていきました。
資料が無いため改正理由もまた不明ですが、単純に品質の悪さから来る保存上の不利が問題とされたのではないかと思います。



 ・大正2年(?)改正型
  
(↑メリノウール100%の生地 左は袴、右は外套絨)

これらの質の良い生地は(その1)で説明したとおり軍縮とは無関係なものです。その後大正8年に生地質が低下しますが、これも軍縮とは直接の関係はありません。


以下大正8年4月に通達された”軍用絨羊毛配合量の件”より抜粋です

原料は総て豪州産メリノー羊毛を使用しあるも資源の関係を顧慮し外観及び保存力に第なる変異を生ぜざる限度に於て資源潤沢なる支那羊毛を混入しもって自給自足の目的に資し併せて価格の緩和を図り(略)

原料は総て豪州産メリノー羊毛を使用しあるもその「メリノー」羊毛はその資源地、豪州、南アフリカ、南米なるをもって有事の際における補給関係を顧慮する時は支那産羊毛をもってこれに代わるを緊要と認む。然れども支那羊毛はその毛偵粗剛にして(略)


大正12年2月 ”軍絨製造原料に関する上申” より抜粋

 軍絨の製造原料中支那羊毛を混用することに規定せられたる当時は欧州戦乱中にして各種羊毛は破格の騰貴をなし雑種羊毛の如きはその騰貴殊に甚だしきに拘らず支那羊毛は他の羊毛に比し騰貴率低かりしに依りその混用を有利と認めたるも(略)

以上のように第一次世界大戦による相場高騰を直接的要因として品質低下が起こったことがわかります。


・大正8年改正型

(↑ 左:支那羊毛50%混入の衣袴絨、右:支那羊毛70%混入の脚絆絨)

 大正8年に改正されたこの生地は経糸にメリノウール、緯糸に支那羊毛を用いており、衣袴絨、外套絨の場合比率は50:50です。見ての通り表面に太い毛が付いてザラついているのが分かります。
脚絆絨は糸の時点で混紡してあるので経緯の区別はありません。あいにく使用感が有ってわかりづらいですが、衣袴絨よりももっとザラザラしていると思って下さい。

さてこの支那羊毛が混入された生地ですが、実はいつ頃まで製造が続いていたのかがわかりません。というのも似たような生地は昭五式時代の中頃まで見受けられるのですが、本当にそれが同一の生地なのかどうかが自分にはわからないのです。

生地の改正に関して製絨所から以下のような上申書があげられています。




大正10年8月 製絨の為羊毛配合量に変更の件 

 現制衣袴外套絨はその原料として「メリノー」羊毛および支那羊毛を登坂に使用する規定にあり之候処目下財界不況の関係上民間に停滞セル洗浄メリノー羊毛(中略)を混用する(中略)千住製絨所に於いて制作せしむる衣袴外套絨に対し試験的に両種羊毛に対し各2割混用致したく候認可相成りたく及び申請候なり


大正12年3月 軍用絨製造原料に関する上申

絨の製造原料はメリノー及び支那羊毛に限定せられあるも別紙理由書(軍用絨類の名称等改正の件:『近来返って支那羊毛割高となりこれに比し品質良好なる雑種羊毛の方割安なり(略)』)の通り雑種羊毛を支那羊毛に代用するときその品質を向上制止むるのみならず経済上有利(略)

 

大正13年2月 軍用絨混綿案 

経費節減の目的をもって軍用絨に若干の綿花を混入す(略)


 以上のように何件か改正案が出されています。
話はそれますが、改正案はその後採用されたようで、昭和11年における混紡比は衣袴絨で雑種羊毛76%、メリノウール19%、反毛5%となっています。また昭和13年以後の九八式時代の衣袴絨は恐らくですが綿を混紡しているようです。


左:大正15年改四五式、右:昭和11年昭五式
この昭五式の個体に限って言えば殆ど大正15年生地と同一の組成のように思われます。

話を改四五式に戻しますと、問題は要するに雑種羊毛が混入されはじめた確かな時期が不明な以上、改四五式の時期にも雑種羊毛が混入されていた可能性が否定できないという点にあります。これは自分の知識不足に因るところが大きいです。そもそも雑種羊毛とメリノウールの見分け方がわかりません。なので言えることは、似たような風合いの生地は昭五式まで続いていたということだけです。上申書には適宜配合比を変更すると書いてありますし年度によってバラバラの可能性もあります。なので比率などはまったくもって不明です。

尚話はそれますが、生地の改正時期と軍服そのものの製造時期とは重ならない点には注意が必要です。製絨所での製造が終わった後も在庫は残っていたようで、大正10年代製造の改四五式であってもメリノウール100%生地であるといった例は多々見かけられます。
他にも昭和17年に昭五式時代の生地を使用した九八式軍衣などもあります。


即ち結論としては四五式、改四五式には三種類の段階があったと言えます。
1.42式より続く質の悪い生地

2.高品質な生地(大正2年ごろ?より)
3.支那羊毛を混入した生地(大正8年より)

それ以後の変遷は先程書いたように自分の勉強不足によって確かなことは分からずじまいでした。今後調べていきたいところです。


最後に追記

これは個人的な感想に留まりますが、雑種羊毛を混入するべきという内容の上申書 ”軍絨製造原料に関する上申” はどうにも内容が具体的かつ即断を要するような感覚を受けます。雑種羊毛の値段が安いという事を過度に誇張して書かれた可能性も否定できませんが、字面だけを見れば上申を無視する理由も特に見当たらないように思えます。だからこそ現存実物を頼りに雑種羊毛の混入がされていたかどうかを考えていくべきなのですが、中々判別が難しいです。
 
 毛の太さは メリノウール<雑種羊毛<支那羊毛 の順に太くなっていきます。支那羊毛は表面にチリチリした太い毛が混ざるので判別は用意です。しかしメリノウールと雑種羊毛の差は正直自分には余りよくわからないのです。加えて使用感の有る軍服だと表面の太い毛が削げて支那羊毛の見分けがつかない場合もあります。こればかりは自分の経験不足としか言いようがないです。
PR