忍者ブログ

さんま備忘録

you大

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



実物 冬用 九八式軍袴、三式軍袴  

20分ぐらいかけて文章打っていたのがパーになって泣きながらタイピングしています。

今までは複製品ばかりを紹介していた当ブログですが、今回ついに実物を紹介する日がやって来ました。







左九八式 右は三式です。 どちらも倉庫から出てきたままの状態のようです。
折りたたみ方がそのようになっています。


 
向きは変わって 
左が三式、右が九八式になります。

釦は異なるようです。


九八式軍袴の釦です。

大釦は樹脂製のようですが、制式なものかは不明
小釦は竹製で、制式なものになります。


 

こちらは三式です。
同じように樹脂製と木製の組み合わせですが、実物なのでしょうか
私にはわかりません



腰紐の比較です。
上は九八式、下は三式です。

この部分は確実に品質が低下しているようで。三式のものはスカスカの生地になっています。
とはいえ特に問題はありません



裾紐の保存状態に差がありますが、同じもののようです。



九八式は完全未使用だったようです。
腰部の裂目の糸が切れていないばかりか、品質管理用のタグ?の末端ようなものも付いていました。
(残念ながら紛失)



ついでに脚絆も紹介しておきます。

これの絨も袴と全く同じものでした。


拡大図

でくの房様製 兵下士官用 帯革




海外製の複製品は摩擦が無くて走りづらかったので、でくの房様に制作をお願いしました。



金具は光っています。




縫い付け方法は海外製のものと異なるようです。




カドのヘリは落とされています。





縫い付けは海外製と比較してかなり丁寧です。
さすがです




このように海外製弾薬盒を取り付けても全体のイメージが崩れることは有りません。

また床面も丁寧に処理されていて輝いています。


着用してみた感想ですが、革に高級感があるので特に冬衣に似合います。
ピッタリです

実物 九九式短小銃 用心金(トリガーガード) 比較

この項目ちょっと飽きてきました。
違いを探しても大した意味がないからですが・・・






(上)KTW製、(中)小倉第二工廠製初期型、(下)鳥居松製造所初期型
です。 中期型以降の物を間違って入手しないように頑張りました。(?)
いやむしろ中期型のほうが珍しいんですけどね・・・

他の部品は見ていて楽しいぐらいにブルーイングが残っているのですが、用心金は初期型の部品を合計で3つ落札したのですが及第点を与えられる状況の品が一つも有りませんでした。
どれも全て下側が錆びきっています。 KTWの金属化において重要な部品の一つであることに間違いは無いのですが、ここまで劣化が激しいとなると残念でなりません。





比較することに意味があるかはわかりませんが、一応刻印の違いです。
名古屋工廠は中途検印(Mみたいな山形のもの)を別に用意していますが、小倉工廠や東洋工業は生産印と検印が同じものになっています。

加工の工程ごとに検定があったようですが、生産時期が下るにつれ検印の数が減っていきます。
徐々に検定数が省略されていったようです。



鳥居松と小倉第二工廠ではこの部分のネジ頭の形状が異なります。
互換性ねえのかよという感じですがネジピッチや規格は同じようで、共用出来ました。 




弾倉底板止の形状が微妙に異なっています。
特に滑り止めの切り方、加工法が異なっているというのも背景を考える上で興味深いです。


 

最後に鳥居松の弾倉底板とKTW製との比較です。
給弾機構のために埋め立てられています。 実物を取り付けるにあたってはこの部分の嵩上げが必要になってきますね。

実物九九式短小銃 槊杖 (クリーニングロッド ) 、槊杖受(ロッドキャッチ)

KTW九九式短小銃の実物部品交換に伴って槊杖も交換する必要が出てきたので落札しました。
実物のクリーニングロッドです

今回は長くなりそうなので3つのセンテンスに分けました。



実物の紹介



槊杖の長さは60.5cmです 複製品は何故か63cmらしいので、見分けるポイントになります。 また、実物はろう付けでなく一体成型です。




洗管をとりつけるための雌ネジです。 後端部分にあります。
 
(*取付イメージ)




先端はこうなっています。この実物では露出している部分とストックに収まっている部分とで
保存の状態が異なります。

収納される部分は極々美品なのですが先端部分は表面が傷んでしまっています。
叉銃するときにも擦れる部分ですし、ある程度の劣化は仕方ないとは思いますが、もっと状態が良い物が欲しいところです。



先端のアップ 錆びて傷んだ部分を塗装で誤魔化しているように思えます。



くぼみの部分にロッドキャッチが入り込んで固定されます。
この部分の形状が三八式歩兵銃用のさく杖とは異なりますので、相互の流用はできません。

また先ほども書きましたが、一体成型であって、ろう付けではありません。
刻印はありませんが、部品取りになったであろう元の無可動銃がマッチングしたものでであれば、製造所は鳥居松の物になります。

クリーニングロッドの構造について


ストックに隠れる部分ですが、構造はこうなっています。

この先から40cm以上の棒が伸びています。
ですからつまり、先端の2点のみで保持しているということです
動かそうとした場合回転はしますが、ボタンを開放せずに引きぬくことは出来ません
丈夫にできていると思います。


槊杖受けのアップ 下部分がストックから露出しているのでそこを抑えながら槊杖を引き抜きます。 
またこの部品はストックに囲まれ尚且つ銃剣止とも固定されているので
合理的に全体の強度確保に貢献しています。



KTW製だけ見ていた時はエンドキャップはただの飾りだと思っていたのですが、ちゃんと意味があったようです。この部品があるので長いクリーニングロッドでもガタつくことはありません。
先ほど槊杖は二点で保持されていると書きましたが、つまりこういうことです。

ただ、これらの部品は全て同じ無可動銃から取り外した物だから出来たわけで、
別々の銃から部品を取り出してこのようなことが出来るかどうかはわかりません。
少しでも位置がズレた場合は取り付けさえ困難になることが予想されます。


また、聞くところによるとタナカ製はクリーニングロッドがエンドキャップを抑えているという間逆な事になっているようです




KTW製との比較

 

上はKTW製、下は実物です。 実物よりむしろKTW製のほうが綺麗です




KTW製の物は旋盤目があります。シャープな出来栄えで格好いいです。
実物も旋盤加工のはずですが、細い部分を手作業で削ったのでしょうか柔らかい感じです。

ただ、あまりにシャープ過ぎて他の部品よりも浮いている感じは否めませんので、
実物と交換するのであれば、
クリーニングロッドのみを入手してグラインダーで切断&短縮
という荒業もアリかと思います。

PR